2019年11月21日木曜日

GDevelop 5 のレビュー

GDevelop 5 を使ってみて、気が付いた点の備忘録。
こんなゲームを作りました ⇒ BomBomDig

地味便利機能
  1. プレビューボタンを右クリックすると表示されるメニューから、開始シーンを固定できる。
  2. イベントのグループやコメントは右クリックから Edit で色を変えることができる。
  3. 「条件を追加」「アクションを追加」を右クリックするとショートカットメニューが表示される。

Pi (円周率)が無い!
Else が無い!
これタイルマップじゃない!ただのタイリングだ!
反転できない。エフェクトにフリップはあるが判定やポイントは反転しない。(ベータ版では対策済み)解決済み

条件でオブジェクトを絞り込んでも、そのアクションがオブジェクトの数だけ繰り返されるわけではない。
例えば対象を3つに絞り込んで、アクションで score + 1 としても結果は3ではなく1。

条件というより対象の絞り込みだと考える必要がある。
マスクオブジェクトが上に乗っていないボタンに限定したい場合、
Not mouse on マスクオブジェクト
and
mouse on ボタン
では、マウスが乗っていないマスクオブジェクトとマウスが乗っているボタンに絞り込まれるだけなので意味がない。

衝突マスクのないスプライトを消そうとすると止まる。
シーンエディタ上でオブジェクト変数を変更した直後に、別のオブジェクトを選択すると変更が反映されない。一度何もないところをクリックする必要がある。

Tweenが機能しない。
1つもステージに配置されていないオブジェクトを複製してTweenを設定しても機能しない。

1つもステージに配置されていないオブジェクトをマウスオン判定しようとしても機能しない。

テキストの幅指定ができないので一行だと右寄せ・中央寄せの意味がない。
エディターと実行環境で文字の位置がずれる(フォントによるかもしれん)

Android アプリのバージョンコードはバージョン番号が変換される。
1.0.1⇒10001

SubStr()は他の言語のように開始位置をマイナスにして末尾から数える方法は使えない。

シーンタイマーなどは一時停止するだけで生成される。
条件で確認するだけでも生成されるっぽい。 

Center Point を変更すると、当たり判定がおかしくなる。
報告済みだが対応されている気配なし。

条件の「& および」で反転条件にしても効果がない?

条件の「ではない」を利用すると対象のオブジェクトが存在しないのに実行されるイベントを作成することができてしまう。

三角関数(三角比)の翻訳がゴミ
正弦(サイン sine)、式は sin()
余弦(コサイン cosine)、式は cos()
正接(タンジェント tangent)、式は tan()
余接(コタンジェント cotangent)、式は cot()
正割(セカント secant)、式は sec()
余割(コセカント cosecant)、式は csc()

イベントの検索は繰り返しの設定箇所にはヒットしない。

Z Order が同じ値の場合、あとから生成されたインスタンスが下になる。
エディター上では、あとから生成したインスタンスが上になるが、再生時には下になる。

エクスポートされた Windows (自動インストーラーファイル)は、実行すると問答無用で
C:\Users\[ユーザー]\AppData\Local\Programs\
にインストールする凶悪仕様。

0 件のコメント:

コメントを投稿